16時間断食をやっても全然痩せない!理由を3つのポイントで説明

16時間断食をやっても全然痩せない

友達の話を聞いていると16時間断食をやっても全然痩せない人がいます。もともと痩せている人は痩せない人がいて当然なんですが、気にしているのは太っているのに全然痩せない人たちです。

16時間断食をやっているというのは同じなのになぜなんでしょう。

いろいろ聞いていると共通点があることがわかってきました。

16時間断食をやっても痩せない3つの理由とは

16時間断食をやっても痩せないのはこの3つの理由が共通してどれかあることがわかりました。それぞれ説明していきます。

断食以外の時間に何を食べるか飲むか
ドカ食い早食い
寝る前に食べている

断食以外の時間に何を食べるか飲むか

断食以外の時間に何を食べるか飲むかが実は大事です。何も食べない16時間は共通していても残りの8時間や断食しない他の日に食べているものをチェックしましょう。

ここで油こいものばかり食べたり、繊維質の根菜を食べていなかったり、お菓子ばかり食べていたり、甘いジュースやドリンクばかり飲んでいたら要注意です。

何を食べてもいいというルールなんですが、バランス良く食べなければいけません。この「バランス良く」をカッコに入れて無視してはいけません。

ドカ食い早食い

食べているときにドカ食い早食いもいけません。胃腸に負担をかけてしまいます。胃腸の調子が悪くなるとせっかくの16時間断食で空腹になったときにオートファジーが機能しにくくなります。食べるときも胃腸と話し合うのはすごく重要です。

寝る前に食べている

16時間断食は言い換えれば胃腸を休ませることでもあります。寝る前に食べると体を休ませるときに胃腸は動くことになります。これではずっと働きぱなしになります。寝る前の2時間前には食べ終わるようにしておいた方がいいです。

16時間断食で痩せない理由のわかりやすい説明

友達に説明していてハッと気付いたことがありました。これはこの英語のキーワードで考えたらわかりやすいです。

断食以外の時間に何を食べるか飲むか(what)
ドカ食い早食い(how)
寝る前に食べている(when)

断食時間以外の時間に何(what)を食べるかが大事です。

ドカ食い早食いはどのように(how)食べるかが大事です。

寝る前に食べているのはいつ(when)食べるかという時間に関すること。

こうやって考えると思い出しやすくなります。

友達にもこれを伝えると「なるほどね!」と言われました。

わたしもいろいろ聞かれることによって説明が上手くなっています。

痩せない理由を解決するポイントは16時間断食のスケジュールです。

タイトルとURLをコピーしました