16時間断食でコーヒーを飲みたい!気になるカフェイン問題

16時間断食でコーヒーを飲んでいいのか

16時間断食でコーヒーを飲んでいいのか気になる人が多いようです。カフェインが入っているせいかもしれません。

まず16時間断食中に飲んでいいのか、それとも残りの8時間で飲んでいいのか分けて考えなければいけません。

その前に、16時間断食ではコーヒーを飲んではいけないというルールはありません。なのでこれはわたしの実感したことです。

ちなみにわたしはコーヒーが大好きです。

16時間断食中は飲まないようにしました。カフェインが入っているからです。空腹感を促進します。

ご飯をたくさん食べたあとの食後のコーヒーはすごく大好きです。もたれた胃腸がスッキリします。空腹のときはより空腹感が加速します。なので飲んでいません。コーヒーだけでなく緑茶もカフェインが入っているので飲んでいません。

残りの8時間や16時間断食をやらない日はコーヒーを飲んでいます。

こんなコーヒーは16時間断食で飲まない方がいい

空腹時や断食明けのコーヒーは飲まない方がいいんですが、残りの8時間ではコーヒーを飲んでいます。

ここでコーヒーは何でも飲んでいいんだと思ったらいけません。

16時間断食をしていて体感したのは甘いコーヒーはよくありませんでした。胃がどんよりしました。ミルク入りコーヒーもどんよりしました。甘いコーヒー、ミルク入りコーヒー、甘いミルク入りコーヒー、どれもどんよりきました。でも、同じどんよりでも種類が違いました。甘いミルク入りコーヒーが1番どんよりきました。

甘いコーヒー
ミルク入りコーヒー
甘いミルク入りコーヒー

いわゆる缶コーヒーやチェーン店のコーヒーのことです。

飲むタイミングも空腹時や断食明けはよりどんよりします。

16時間断食でコーヒー好きが飲むタイミング

コーヒーを飲むと胃腸がどんよりするといっても、コーヒーは好きです。なのでいつ飲むかタイミングを考えました。

食事ができる8時間の間で食後に飲むことにしました。

コーヒーを飲む回数は減りました。その分美味しいコーヒーを飲むようにしました。

満足感は高まりました。

とりあえずコーヒーを飲むことは少なくなりました。

16時間断食中はカフェに行くこともなくなりました。こうやって16時間断食をやっているときは自然と過ごし方が決まってきました。

16時間断食でコーヒーを飲んでいいのかまとめ

16時間断食にコーヒーを飲んで良い悪いのルールはない。でも胃腸にカフェインの刺激があります。16時間断食を実践していると、自然とコーヒーを飲むタイミングと回数が決まってきました。

タイトルとURLをコピーしました